充実したサービスなら石巻信用金庫

石巻信用金庫の流動性預金

石巻信用金庫の流動性預金は誰でも簡単に利用できる預金商品です。流動性預金とは普通預金や貯蓄預金といった預金商品のことで、いつでも入出金できるという特徴があります。種類も豊富で、資産運用や納税など様々な用途に合わせた商品があります。石巻信用金庫で初めて口座開設するのは普通預金と決められていますが、普通預金の利用を開始した後は他の流動性預金も口座開設できるようになります。

流動性預金の口座開設手続きの受付は石巻信用金庫の店舗窓口で行っています。本人確認のために免許証や印鑑が必要なので、手続きの際は必要なものを用意してから行きましょう。金融機関によっては口座開設と同時にお金を振り込む必要があるため、1000円ほど余分にお金を持っていくとよいでしょう。口座開設と同時に石巻信用金庫の会員になっておくと、融資商品などの金融商品も利用できるようになります。

石巻信用金庫の流動性預金の中でとくにオススメなのは貯蓄預金です。いつでも入出金できるという利便性を維持しつつ、普通預金よりも高利回りで運用できるためです。預金残高が基準金額を超えると段階的に店頭表示金利が上がっていくため、多額の資金を預けるほどお得になります。ただし段階的に金利が上がると謳っていながら、実際の店頭表示金利では変化なしの設定になっている金融機関も多いです。石巻信用金庫で取引する前に、店舗窓口で店頭表示金利を確認しておくとよいでしょう。

貯蓄預金は基本的に高利回りですが、公共料金やクレジットカードの自動支払いという、普通預金に標準装備されている機能がついていません。そのため普通預金のお金を全て貯蓄預金に振り替えると、自動支払いが実行されなくなるリスクがあるので注意しましょう。他行宛て振込手数料や投資信託の購入手数料のように、取引と一緒に普通預金口座から引き落とされる手数料もあるので、普通預金のお金はマイナスにならないよう気を配る必要があります。